2001・4・3生まれ水陸両用犬風太のぐうたらな日々のブログ☆2016・3・1お空へ・・・。

by 風空はは

<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今更ながらの投稿(-_-;)

皆さま、こんにちは~。


ぷち、お久しぶりでございますぅ~。


ブログを開いたら、ほぼ一ヶ月経ってますね~(^^ゞ


来週にはお出掛け予定なので、その前に~って事で、


今更ながら、記録として投稿しておこうと思います。


4月の末、空太が朝に2日続けて胃液を嘔吐。


しかし吐いた後はケロッとして元気だったのと


食欲あったので、ごはんも普通通りにあげていました。


しかし5月2日の夜に再度気持ち悪くなったのか私に近付いて来て


口をしきりにモチャモチャしながら空気を激しく吸い込む症状が・・・。





この症状は空太が我が家に来てから、たまに起きています。


通常は外に出て草を食べると落ちついていました。


しかし今回は夜中もずーーーーっと繰り返していました。


嘔吐の原因で考えられるのは4月の10日に飲み込んでしまったカミソリの刃・・・


毎日うんちを確認していましたが周りのプラスチックは出てきたものの


カミソリの刃は、きちんと確認できていませんでした。


先生からも1ケ月経って吐いたりうんちで出る事あると言われてました。


嘔吐の症状もきになりましたが、この空気を吸い込む症状も気になって・・・


と言うのも、お腹が空気で張ってきてお腹がパンパンに硬くなってしまうのです。


この症状の後はやたらとぷーぷー、ぶーぶーおならが出ます。


そしておならの他にゲップもたくさん出ます。


この症状をPCで検索すると「胃拡張とか胃捻転」と出てきます。


特に夜にこの症状が出る事が多いので、その度に気になっていました。


たまたま翌日は二人共、仕事が休みだったので病院へ行ってきました。


撮った動画も見せて気になる症状も伝えました。


カミソリの刃もまだ出たか確認出来ていない事も伝えましたが


「もう今ごろ出て中には無いでしょう・・・」と、しかめっ面で言われて


今回もレントゲンは撮ってくれませんでした。


季節の変わり目に多い「胃腸炎」と言われ


注射を打ってもらい、飲み薬を5日分貰って帰宅。


注射もなんの注射か説明がなくあっという間に打たれ・・・


薬も胃薬かと思っていたら調べて見ると痙攣を抑える薬でした。


当日は絶食にして、今後あげるフードは全てふやかしてあげる事。


そして一日5~6回に分けて少しずつあげる様に指示されました。


そして翌日。


元気もあり特に吐き気もなかったので


朝のお散歩後にふやかしたフードを4分の1だけ上げました。


そして貰った薬を食間に飲ませました。


そしてお昼前になってそろそろ2回目のごはん・・・


と思ったら、急にまたモチャモチャが始まってしまいアタフタ。


まだ病院の診察時間だったので電話して症状を伝えました。


が、先生からはそのままごはんをあげて問題ないとの返事。


でも、吐き気があるので大丈夫か再度確認したら


「あなたが心配であげたくなかったらあげなくていい」


「犬も嫌だったら食べないから犬にまかせて」


と半分キレ気味に言われてしまいました。


結局、午後から仕事でしたが、空太のモチャモチャが続いていたので


急きょお休みをいただき様子を見る事にしました。


お昼は抜いて様子を見ていましたが元気はあったので


夕方にまた少しだけふやかしたフードをあげました。


貰った薬で胃とか腸とかの痙攣が収まっていたのかは


何回かモチャモチャはあったので定かではなかったけど


飲ませて様子をみていましたが5日の夜に空太が嘔吐。


胃液とふやけたフード少量とへんな黄色い固い物が出てきました。
e0158841_11211493.jpg

吐き気の原因はこれだったのか?と少し安心。


その後も薬を飲ませて様子をみていましたが嘔吐はありませんでした。


これで落ち着いてくれるかな~っと思っていました。


が、薬が切れた翌日、また同じ症状が出てしまいました。


もう次は同じ病院ではだめだなと決めていたので


翌日、風太がずっとお世話になっていた病院へ行きました。


病院の方も1年以上経っているのに覚えていて下さって


空太の担当も風太と同じ先生になりました。


先生にこれまでの経緯を全てお伝えし、レントゲンもお願いしました。


まだどこかにカミソリの刃が・・・と心配でしたが


レントゲンを撮って見るとそれらしき物はありませんでした。


まずは、ひと安心しましたが画像の説明を受けました。


大腸に4cm位の遺物が写っていました。


場所的に遺物はうんちで出て来るでしょうとの事でした。


その他に気になるのは胃や腸にガスが溜まっている事。


このガスのせいで腸が張り、胃も連動して調子が悪くなり


吐き気やお腹の張り、おならやゲップが出てしまっているとの事でした。


以前にも書きましたが空太はフードアグレッシブなので


ごはんを見ると待てが出来ずかなりの勢いで食べます。


その時に空気も吸ってしまっているので「呑気」の状態らしく


少ない量なら通常はゲップで出てしまうのですが


空太の場合は飲み込む空気の量が多いらしく


空気が胃や腸に溜まってしまうみたいです。


また、腸の一部分が急に曲がっている部分が一か所あり


その為に腸に空気が溜まりやすいとも言われました。


対処としては胃腸薬で様子をみるだけで良いとの事でしたが


うんちの菌の状態をみてからの方が良いとの事で


夕方にうんちが出たら検便をしてもらう事にしました。


そして、フードもふやかす必要は全くなく・・・


前の病院でもらった薬も何でこの薬なのか先生も???でした。


そして夕方の散歩で、きちんとうんちが出ました。


が、また5日の夜に吐いたものと同じくらいの大きさの同じ物が


うんちの中に混ざっていました。


固い物なので肛門が切れたのか少し出血もしていました。


その後、検便用のうんちを持って再度病院へ・・・。


うんちの状態は良い菌も悪い菌もあり・・・


すごくいい状態ではないけど下痢ではないので


とくに治療はしなくて良いとの事でした。


病院の整腸剤もあるけど料金が高いので・・・


人間用の市販薬のガスピタンやビオフェルミンで様子をみて


症状が治まらないようならお薬を出してもらう事になりました。


それからやく10日経ちますがガスピタンが効いたのか


モチャモチャも呑気もなく、またおならも少なくなりました。


途中、ビオフェルミンSも試しましたが空太には


ガスピタンの方が体に合っているようです。


このガスピタン・・・風太が飲んでいた残り物です。


本当に最期の時は下痢がなかなか治まらず・・・


先生から聞いてダメ元で買って試したのがガスピタンでした。


これが効いてくれて下痢が治まり喜んだのを今でも覚えています。


今回も空太に効いてくれて、ガスピタン様様であります。






風太が毎月の様に通っていた病院・・・


待ち合い室や診察室・・・


風太の事を想い出して辛いかな・・・


そして院長先生ともいろいろあったので・・・


空太を迎えた時には行く気は全くありませんでした。


でも、選んで行った病院では思うような診察や治療は受けられず


やっぱり先生との信頼関係がないと納得のいく治療は受けられない・・・


という事が、今回再確認出来ました。


最初の病院のように、先生の経験値での診断や


無駄な検査はしない・・・という考えもいいのかもしれませんが


私には納得が出来ず信頼は出来ませんでした。


言葉を話す事が出来ない可愛い子だけに・・・


病院選びは注意しないといけないと痛感しました。


始めから風太と同じ病院へ行っていたら・・・


空太も、もっと早く元気になれたのに(T_T)
e0158841_11541668.jpg

ごめんよ~空太。ははの感情だけで病院を決めて・・・。


それと・・・


名前のせいかなぁ~空気をいっぱい食べるのは???


どうか、ゆっくりとごはんを食べておくれ・・・
e0158841_12103528.jpg

誰も、ごはん・・・取らないよ(-_-)










にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]
by leaf-fuuta-10612 | 2017-05-21 12:13 | 空太の記録 | Comments(2)