2001・4・3生まれ水陸両用犬風太のぐうたらな日々のブログ☆2016・3・1お空へ・・・。

by 風空はは

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

皆さま、こんにちは。


風太地方、今日も寒いです。


つい先日、この辺りも桜の開花宣言があったのに


お天気が悪い日が多くて、春らしくないですね。





『桜』・・・


ここ数年『桜』で思い出すのはやっぱり『河津桜』。


伊豆でペンションをしていた頃は毎年、見に行きました。
e0158841_11582991.jpg

写真が残っていたのですが日付が2006年3月8日・・・


という事は、風太がまだ5歳・・・どうりで顔が若いはずです。
e0158841_11594666.jpg
このころは言われた通りのポーズもお手の物・・・って目瞑ってるし(-_-;)
e0158841_123513.jpg




そして『河津桜』というと・・・


風太と最後にお出掛けした場所でもあります。


ずっと投稿出来ずにいましたが思い出が褪せないうちに・・・。





2月25日(木)


この日も朝からお天気が不安定で・・・


車を走らせていると小田原の手前辺りから雪がちらつき


一番最初の休憩地点の国府津のSAでも雪が降っていました。


風太に寝返りを打たせてから流動食をあげました。


ドアを開けたままだったので風太にも雪が見えたと思います。




その後も、海沿いをずっと走りながらも・・・


以前のお出掛けした事などを思い出し複雑な気持ちでした。


赤沢温泉を過ぎて小さなトンネルを抜けて大川の少し手前に・・・


海岸沿いに大きな岩があります。
e0158841_1274861.jpg
ここを通る度に風太ちちと『あっ風太岩が見えた』と言っていて・・・
e0158841_12151636.jpg
海に向かって少し左を向き風太が伏せをしているような後ろ姿に見えるんです。
e0158841_1216433.jpg
今回、ここを通過することがわかり皆さんにも見て欲しくて・・・


トンネルを抜ける辺りからカメラをスタンバイして撮りました。


どうですか?風太に見えますか?(とういうかゴルちゃん?)


私達夫婦にしか風太には見えないかもしれませんが・・・。


ここを通る機会があったら、ぜひ見て欲しい『岩』であります。





ちょっと話が脱線しましたが・・・


河津に近づくにつれて天気も良くなり雪も雨も止んでいました。


河津に到着したのはお昼過ぎていて観光客の方も一杯で・・・


案の定、駐車場も満車で入る事は出来ませんでした。


仕方なく車を走らせ、一時でも車を止められそうな場所を探しました。


しかし、なかなか場所が無くて諦めて帰ろうとした時に


川沿いに少し空き地があり桜も咲いている場所があり思わず車を止めました。
e0158841_12303732.jpg
河津桜といったら桜と菜の花のコントラストが有名ですね。
e0158841_1232879.jpg
少し時期が遅かったのですがきれいに咲いていました。
e0158841_12271757.jpg
残念ながら、到着した時には風太が寝ていて


無理に起こしてもかわいそうだったので


車のドアを開けて記念撮影をしました。
e0158841_12351351.jpg

e0158841_12362040.jpg
この後、気温の違いからか?写真を撮っていたからか??


急に風太の目がパチッと開いて、外の景色を見ていました。
e0158841_12353413.jpg
そして、ほんの一瞬でしたが首を起こして外を眺めていました。


今思うと、川の匂いを感じ取ったのかな?って思います。
e0158841_12401814.jpg

風太ちちが落ちていた花びらを風太のおでこへ・・・。
e0158841_12391173.jpg
その2分後には、眠くなってしまい目を閉じて・・・スヤスヤ。
e0158841_12421027.jpg
到着して約10分・・・


風太が起きていた時間は約5分の出来事でしたが


『今年も風太と一緒に桜が見られて良かった・・・』


その気持ちで、胸の中はいっぱいでした。


帰りは、ある橋を渡ってもらって、車内から写真を撮りました。
e0158841_12494095.jpg

この朱色の橋・・・


以前(上の写真と同じ日に)この橋の上でも写真を撮っていて・・・
e0158841_12504162.jpg
花より川な風太は・・・
e0158841_1251789.jpg
橋の隙間から下の川をのぞき込んで見てました(-_-)




悩みに悩んで行った河津・・・


風太との思い出の場所へ・・・


また一緒に行く事が出来て本当に良かったと思っています。





風太との思い出の場所はたくさんあり過ぎて・・・


そして、思い出と同じ分だけ、笑ってしまう出来事もあります。


今はまだ思い出すと泣いてしまう事が多いですが


3枚目なキャラの風太のおかげで・・・


笑える日も近いと思います・・・


というか、今日すでに何回も笑いました。
(目瞑ってたり、川を覗き込んでたり・・・)

本当に風太には感謝してます(^^)


さすがお笑い好きの私の息子・・・


私の『ツボ』も良く理解していたようです。







大きな声では言えませんが・・・


わたくし・・・花に関しては詳しくなく(^_^;)


これが何の花かは分かりませんが・・・
e0158841_1363210.jpg
2日に祭壇に飾ったお花・・・まだ少しですが咲いてます。


この他にもわんこ友達や会社の方から頂いた花も咲いてます(^^)


そして23日には会社の先輩の娘さんも遠い静岡から帰省中に


わざわざ風太に会いに来てくれて、きれいなお花も頂きました(左端)
e0158841_1393993.jpg

おかげ様で今も風太の周りは華やかです(T_T)


本当に花の生命力って凄いです。


これから、少しは勉強しないといけませんね(-_-;)












にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]
by leaf-fuuta-10612 | 2016-03-26 13:20 | 陸の生活 | Comments(8)
皆さま、こんにちは。


昨日は午前11時からブログを書き始め・・・


書き終えて・・・ふと時計を見たら午後の3時47分(-_-;)


今まで書いたブログの中で一番時間がかかりました。


書き終えて、少しは気持ちが楽になったような気がしましたが


昨夜も寝ようとベッドに入ったら・・・


記憶が鮮明によみがえり、なかなか眠れませんでした。






そして昨日書くのを忘れてしまいましたが


風太が旅立った後に書いたブログへの皆様からのコメントに


大変遅くなってしまいましたが3月15日に返事を書かせて頂きました。


お時間があります時にお読みいただければと思います。







3月3日。


風太がお空に行ってしまってから2日後の3月3日・・・


風太の14歳11カ月の月誕生日でした。


3日までお休みさせていただいていたので


朝から風太のそばで一緒に過ごすことができました。


2007年から書き始めた風太の健康手帳。


と言っても去年と今年はダイソーのもので・・・
e0158841_9382931.jpg
去年使ってみてお値段以上に使いやすかったので今年も同じものを購入。


風太が闘病生活に入ってからは記入することも増えて


手帳を開くと小さな文字でびっしりと書かれた状態です。


手元が見えにくい年頃の私にとっては後から読み返すのも困難で・・・


風太とのお別れが近づいていることもあり・・・


3月1日から1日を1ページ分使って書こうか悩み・・・


やっぱり日にち毎に書こう・・・と決めた矢先に風太がお空へ。


3日の朝、ふと手帳を開けて見て・・・


3月2日の欄からは、当たり前ですが真っ白な手帳で・・・


1日のトイレの回数や食事や水分量、体温・呼吸数・脈拍数は


風太がお空に行くまで記入してありましたが


それに伴う症状などの記入は午後4時までしか記入がなく・・・


中途半端な気もしたり、空白がとてもさみしく思えて


3月1日の4時以降に起こったすべての事を


記憶がなくならないうちに手帳に書くことにしました。


そして3月2日の旅立ちの日の出来事・・・


3月3日、当日の自分の心情なども手帳に書きました。


書き終えて手帳を見ると8ページにも及んでいました(-_-;)


もう書くことはないな・・・と思っていた手帳ですが、


その後は初七日、15日、そしてブログを書き終えた昨日・・・


と、風太へのメッセージや思い出した時に・・・


これからも書き続けていこうと思います。


さすがに3日の8ページは体にも応えて・・・


指の関節は痛いし、手はしびれるし・・・腰も痛くなりました(^-^;


3日の夜には風太ちちに仕事帰りにケーキを買ってきてもらい
e0158841_10151666.jpg
闘病中、唯一最後までパクパク食べてくれた
e0158841_10173332.jpg
生サケと白米をバターで風味つけしたおかゆ(ポテト入)もあげました。
e0158841_10181354.jpg

ケーキはキチドクさんのガブリンにしようか悩みましたが


前回、食べれなかったのでクリスマスにパクパク食べてくれたケーキに・・・。


人間も食べれるケーキだったので、その後は風太ちちのお腹へ・・・。


おかゆはその後、処分しましたが・・・何だか捨てるのが悲しくて・・・。


今度からは人間も食べれるように工夫しようと思ってます(*^^)v





3月7日(月)


7日は初七日。


二人ともお仕事だったので、風太はお家でお留守番でした。


風太の夜ごはん・・・何を作ろうかなぁ~と悩みましたが


風太が唯一、人間が食べていると傍に来て


私の肩越しに良くヨダレを垂らし待っていた食べ物にしました。


その食べ物とは『ピザ』です。と言っても『耳』だけですが・・・。


風太は小さい頃から食べ物に関しては慎重派で


拾い食いは記憶にないし、お散歩やお出かけ先で


お散歩仲間やたまたま会ったワンちゃん連れの方から


おやつを貰っても自分が食べた経験のあるものは


たま~に食べましたが基本的には貰っても食べない事が多く・・・


食に関しては人間が食べてる物にも基本的に反応しない子でした。


逆にお箸でつまんで風太の前に出すと逃げていく感じでした(-_-)


風太が高齢になってからは割と人間の方が


食べるなら人間の物も、ちょっとぐらいいいかな?って気持ちも芽生え・・・


試しにピザの耳を顔の前に出したら珍しく食べて・・・


それ以降は、ピザの配達の人が帰ると私の横にピッタリ・・・。


待ちきれないと私の肩にアゴ乗せてヨダレたらたら~(-_-;)


唯一、私がゆっくり食べれなかった食べ物が『ピザ』です。


7日のピザは久しぶりにゆ~~~~っくりと食べれましたが


風太の事を思い出し、ちょっぴり塩分高めなピザでした。


さすがに風太の前に『耳』だけでは可哀想だったので


トッピングされたままのピザをあげました。


ということで・・・


我が家のピザは『耳』を待ってるお坊ちゃまがいるので・・・
e0158841_1047217.jpg
これからもずーーーーーっとハンドトスです(^O^)/


って、変なブログの終わり方・・・。


決して、ピザーラさんの回し者ではありませんので(-_-;)








にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]
by leaf-fuuta-10612 | 2016-03-20 10:52 | 陸の生活 | Comments(4)
皆さま、こんにちは。


風太地方、今日は朝から雨が降っています。


風太がお空に行ってからも、『あ~豪雨か~お散歩大変だ』


なんて天気予報見ながら不意に思ってしまったり・・・


風太が雨で濡れて乾かす際の匂いを思い出したり・・・


今でも生活の中に風太を感じる事が多々あります。


以外にも?風太は家に居る時は一人でいる事が好きで


特に寝室で一人で寝て居る事が多かったので


寝室の上の2Fのキッチンで物を落とすと、未だに『あ~風太ごめんっ!』と思ったり


寝室の隣のリビングに居る時も寝室に風太が居るような気がしたり


テレビを見ていても風太のごはんの時間に『はっ!』とする事もあります。


だけど、寝室だけは別で・・・


風太のベッドがあった場所や元気な時に良く居た場所など


寝室に入ると、その場所をつい見てしまって・・・


あ~風太居ないんだな・・・って現実が襲ってきます。


なので今は寝る前や夜中に目覚めた時が一番辛いです・・・。





4日からは仕事にも行っています。


当たり前ですが仕事場には風太の存在は元々なく


仕事に集中し、あれこれ悩んだり考えずにできています。


仕事を再開した日の朝・・・


以前は風太が待っている家に『早く帰ろう』と思い


焦って買い物したり、チャリを猛スピードで飛ばしたり・・・


もう、その必要はないんだなぁ~寂しいな~って思いながら通勤。


だけど・・・仕事を終えてチャリに乗ったら・・・


以前と同じように『風太が待ってるから早く帰ろう』


って自分でも不思議ですが自然に思えました。


なので今でも、ちょっと焦って買い物したり、チャリを猛・・・


ちょいスピードで飛ばして家に帰って来ています。






今現在、風太がお空に行った事も徐々に受け止めて・・・


いい距離感で風太の存在を感じつつ生活できていると思います。


ですが、やっぱり風太の最期の時を思い出すと辛く・・・


今一歩、自分の中で踏み出せてない感じもあります。


ちょっと前進する為に・・・


今日は風太の最期の時のお話を書かせて頂きます。





まず、はじめに・・・


風太とのお別れは私が思い描いていたものとは違いました。


そして、その原因は風太ではなく、私の弱さが原因です。


その為、ブログに書こうか書かずに胸の中にしまっておこうか悩みました。


でも、書かないと前に踏み出す事が出来ないと思い書く事にしました。






2月28日・・・


夕方に『風太マン、頑張ってます。』とブログを投稿した夜


呼吸が『スー、スー』から『ハアーッ、ハアーッ』と変化。


明らかに苦しい感じが見てとれました。


体温を測ったら38.5℃で平熱でしたが


しかし呼吸は体全体を使ってしている感じでした。


呼吸数は一分間に28回(平均15回)


脈泊数は一分間に約120回(平均60~80回)


どちらも平均よりも多めでした。


そして、以前のブログにも書いたように


寝ていても首を後ろに反らし手をピーンとする事もありました。


ネットでさらに調べたところ、この行動は呼吸がしずらいと


「首を反らし呼吸をしやすくし胸を広げようとして手を広げる」とあり、


それを読んで、風太は筋力が弱まり手を広げられず


前に伸ばすしかできなかったのだと思いました。


体は熱っぽいのに歯茎は少し白く貧血の症状もありました。


また左目の反応が徐々にうすれ私の動きにも反応せず


見えていないのか見えているのか分からない状態で


夜になっても体温と呼吸数と脈拍は変わらず・・・。





2月29日。


朝一番で体温を測ると熱が少しあがり38.9℃・・・


呼吸数と脈拍は前日と変わりありませんでした。


呼吸数や脈拍数なども気になり、目薬も無くなりそうだったので


朝の9時に病院にTELをして往診を依頼しました。


いつもの担当の先生はお休みで電話に出たのは院長・・・


院長に今の風太の状態を伝えた所、通常は午後1時から往診なのに


『今から直ぐに行きます』との返事で・・・


30分もしないうちに往診に来て下さいました。


院長先生からは体温も平熱で呼吸数、脈拍数は早めで


肉球を押した反応は少し鈍いけど今すぐ・・・


という状態ではないと思うとの事でした。


目もかすかに見えているとの事で少し安心しました。


目の軟膏のお薬を処方してもらい食事用のシリンジも購入。


床ずれの相談もして出来ない様なタオルの敷き方なども教わりました。


水分が思うように摂れていなくて点滴などの相談もしましたが


体力が落ちて代謝も落ちているので心臓や腎臓の働きも弱く


余計な浮腫みや腹水が増えてしまう可能性もあるので


体に負担になる可能性が強いので勧められない・・・との事。


また、院長から『しない』選択も風太の為になる事もあるんだよ・・・


と言われて、私も院長の意見に同意し点滴はしない事に決めました。


また、今は飲み込めていてもいずれ難しくなるので


そうなった場合の水の含ませ方(口を濡らす程度)なども聞きました。


前日まではステロイドの薬も炎症や痛み止めの為に飲ませていましたが


今日からは全てストップして様子を見る事なり


今後、痛みが出た場合には貼るタイプの痛み止めなどの


緩和ケアだけはしたいと思っている事を伝えました。


院長が帰った後は床ずれにならない様に円形のクッションを作ったり


いつも通りに1~2時間おきにお水を飲んで流動食も食べました。


朝からちっちの回数も普通でうんちもBランクで・・・


しかし、ちっちやうんちをするのに力が入らないのか・・・


する時に少し体を反らすような仕草が見られ始めました。


院長からかすかには見えてると言われて・・・


いつも同じ方向で天井ばかり見ていたらつまらないかな?


と思い、窓の外が見える様にベッドの向きを変えてあげたら


時折り眉毛の辺りをピクピクさせ目を開けて外を眺めていました。


そんな風太を見て・・・


この時は、風太との生活がまだまだ続くと思っていました。





3月1日。


朝食の際、少しずつ飲み込む力が弱くなり・・・


口に含ませても下に敷いたタオルに染み込んで・・・。


こんなに急に???と思いながらも前日までも眠い時は同じだったので


まだ朝だから眠いのかな~?と思っていました。


28日の夜から鼻ではなく口で呼吸している為


口が直ぐに乾いてしまう為、水の回数も増やしました。


だけどあげる度に下のタオルに流れてしまって・・・。


相変わらず呼吸数と脈拍数は多かったのですが


熱は前日より少し下がり平熱で歯茎もピンク色に戻り


劇的に違う症状は無く、次に起きたら飲んでくれるかな・・・


と、この時も思っていました。


また、朝からちっちとうんちの回数が多く・・・


うんちも少しゆるく気になっていました。


その後、お昼前に寝ていた風太が急に吐くような症状があらわれ


何度か顔を上下に動かし数回、嗚咽がありました。


しかし、朝から何も口にしていなかった為に何も吐けず・・・。


寝たきりの状態なので吐けないのか?寝たまま吐いて窒息しないか?


など気になったので病院に電話して相談しました。


結果、寝たままでも大丈夫だけどできれば少し頭を低くするように・・・


吐いたものが出てきたら口の中から出し


気管に逆流しないよう注意するように言われました。


その後、吐き気は一時的に治まりました。


お腹が空き過ぎて胃酸で胃がやられてしまったのかな・・・


と思ってカロリーエースなど飲むタイプの食べ物を口に含ませました。


と言っても飲み込んでいる様子はなかったので


午後1時以降は犬用のポカリスエットだけを口に含ませてあげました。


夕方になっても吐き気が無かったので治まったのかな?


と少し安心したのですが目の前寝ている風太のお腹がずっと鳴っていて・・・


以前、先生に飲み込め無くなった場合、


ニュートリカルを歯茎に塗るだけでもいいと聞いていたので


少しでも空腹が治まれば・・・と思って歯茎に少しだけ塗りました。


その30分後・・・


また嘔吐を繰り返し始めました。


しかし、はじめに出たのは透明な液体と歯茎に塗ったニュートリカル・・・


その後は吐いても、吐いても透明な液体だけで・・・。


とても見ていられず再度、病院に相談しました。


しかし胃薬など処方やその他の処置も難しいとの事。


またステロイドを急にストップした為に容体が急変したのか


気になったので聞きましたがそれも関係ないとの事でした。


電話を切り、仕方なくネットで調べました。


『寝たきり 吐く 下痢』 と打つと・・・


読んでいる中で『最期に良く見られる症状』とあり


そこで調べるのを止めました。


そして先生の『処置ができない』の言葉の意味も分かりました。






その後は、風太の横に寄り添い背中やお手手、腰や足・・・


何度も何度も摩り『大丈夫、大丈夫』と声を掛けました。


しかし吐き気と闘い苦しんでいる風太を見ていられず


『よく頑張ったね、偉いね風太。』


『私は大丈夫だから、風太のタイミングでいいよ』


『ありがとう』と告げました。


その時は、まだ少し眉毛の辺りがピクピク動いていて


お手手も足も温かく体もポカポカしていました。


意識もあり、私の声も風太には届いていたと思います。


9時20分を過ぎたころには吐き気も治まり


風太の同じ間隔で吐く呼吸音を聞きながら


お手手を摩ったり足を摩ったり・・・


しかし段々とお手手と足は冷たくなってきていました。


少しづつ意識も薄れてきていました。


この状態が何時まで続くのかは分からず


風太ちちもベッドに入り就寝した為、部屋の電気も消し


私も風太の顔が見える位置に添い寝しました。


夜10時を過ぎて・・・


薄暗い部屋の中に響く風太の呼吸音・・・


それと共にお腹が空いて、ずっと鳴っているお腹の音・・・


食べたいのに、食べられない、食べさせられない・・・。


お腹の鳴る音を聞いているのが辛くなり・・・


その音をかき消す為に、ついテレビを付けました。


風太の呼吸音は聞こえるくらいの音量で・・・。


でも、これが間違いだったのです。


テレビではドラマが流れてて・・・


見たことがないドラマで内容も分からず聞き流しながら・・・


風太のお手手やオデコや首など撫でながら過ごしました。


しばらくして、自分の寝ていた体勢がきつく起きた時に


急に風太の顔というか首の後ろが私の右手に触れました。


???トイレの時も同じように首を反るのでちっちかな?


と思って風太を見ると表情がいつもとは違い・・・


『あっ・・・風太が逝ってしまう』とすぐに分かりました。


急いで叫んで、風太ちちを起こして・・・


風太の上体を起こし抱っこしました。


その直後、もう一度首を反らした後、口から『コホッ。』


と少しだけ息を漏らしました。


あまりにあっけなく『ありがとう、ありがとう』


と風太に言うのが精一杯でした。


その時の風太の目は未だに脳裏に焼き付いています。


寝たきりになってから出ていた瞬膜はなくなり


まん丸くて黒くてかわいい風太の目でした。


真っ直ぐに私を見つめているように思えました。







風太ちちとしばらく放心状態になり、


その後は風太に申し訳ない気持ちで一杯になりました。


風太が最期まで頑張っていたのに・・・


お腹の音を聞くのが堪えられないからとなぜ逃げてしまったのか・・・


もしかしたら、もう少し前から苦しんでいたのに


気づかなかったのではないか・・・


風太の体を撫でながら『ごめんね、ごめんね』


と言うしかありませんでした。


本当に、弱い・・・バカ親です。







風太が旅立った後も・・・


ブログには私に対しても温かいお言葉をたくさん頂きました。


風太は本当に最後まで強い子で、本当に良く頑張りました。


でも私は風太が居なくなる事ばかりを恐れて


風太が痛みなく、苦しくなく、お空に行けるように


お手伝いすることが出来てなかったように思えます。


だから全然頑張ってなんかいないんです。


今でもあの時のあの決断は正しかったのか?


あの決断は本当に風太の為になっていたのか?


19日経った今でも考え悩んでいる状態です。







でも・・・


風太は程よい距離感で私と生活してくれたので・・・
   (私はもっとべったりしたかったのに・・・)

最期も風太の距離感というか・・・


自分のタイミングでお空に行ったのかな?って思えます。


私の思い描いていたお別れのシナリオは・・・


風太にとって『うげ~っ!うっとおしい~!』だったのかも・・・。


『風太のタイミングでいいよ・・・』


私の思いも通じていたのかな?と思っています。





何かで読んだ・・・


『大切なのは、死に様では無く生き様』という言葉・・・


この言葉も今の私を楽にしてくれてます。


風太は最期まであきらめずに立派に生き抜いた・・・


本当に我が息子ながら強い子だったと思います。


風太を見習って私も頑張らないといけません。


自分の弱さを深く胸に刻み、これからも忘れずに・・・


少しずつ、一歩前へ・・・
e0158841_15364386.jpg
私も踏み出したいと思います。











にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]
by leaf-fuuta-10612 | 2016-03-19 15:47 | 陸の生活 | Comments(4)

空へ旅立った日。

皆さま、こんばんは。


前回のブログにも暖かいお言葉をたくさんいただき


本当にありがとうございます。


本来なら、まずはお返事を書かなくてはいけないのですが


読んでいるうちに泣いてしまって、涙でにじんで文字が見えず・・・


なかなか書けずにいます。必ずお返事させていただきますので


もう少しだけお時間をいただければ幸いです。





そして順番からすると本当は最期の日の事を書くべきですが


まだまだ、その日の事を思い出すと辛くって・・・


書ける時期がきたら、報告させていただきますね・・・。








3月2日(水)


ほんの数時間前まではいつもの夜だったのに・・・


横に寝ている風太はとても静かで・・・


あれだけ苦しそうで、聞いているのも辛かった寝息。


その寝息を聞いて『風太は生きてる。今も一緒にいる』と思え


少しの時間であっても寝る事が出来ていたんだ・・・


と聞こえなくなって初めて気づきました。





薄暗い灯りに照らされた風太のお手手は今にも動きそうで・・・
e0158841_16292363.jpg

毛布を掛けたお腹もぼんやり見てると上下に動いて見えました。


いつもと同じようにお手手を握って・・・


大好きだった首をカイカイ~と言って撫でて・・・


いつもと同じように風太を見つめながら朝を迎えました。






風太ちちは、昨夜調べた霊園に朝一番で電話。


その横で「今日は無理です」と断られろ~と念じました。


しかし私の念力は通じず2時に荼毘に付すことに決定。


この時点で、風太と一緒に居られる時間はあと7時間をきりました。





その後、お散歩仲間のショパンくんママと会社の先輩に報告のメール。


霊園に行く準備や支度などをしてバタバタ・・・


お花屋さんにも電話して棺用の花束と家用のアレンジメントを注文。


そんな中、会社の先輩から返信メールと共に自宅にも電話をいただき


先輩の声を聞いた途端、涙があふれてしまいました。


その後、ショパンくんママからもメールの返信があり


11時過ぎにみんなで風太に会いに来て下さるとの事。


メールを見て、またまた涙があふれてきて・・・


嬉しくて早速、風太に『みんなが会いに来てくれるって!』と報告。





寝室に寝ていた風太をリビングに移動。


風太ちちに取りに行ってもらった花束を風太の元へ・・・。





あっという間に時間は過ぎ11時になり・・・


ショパンくんママとグエルくん&アンちゃんママとお姉さん、


そしてパフェちゃんママが会いに来てくれました。


メールではワンちゃんは来れないと書いてあり残念だなって思ってたら


グエルくん&アンちゃん親子も一緒に来てくれました。


風太にきれいな花束も持ってきて下さいました・・・
e0158841_17132158.jpg
グエルくん&アンちゃんママさんからは封筒に入った千羽鶴。
e0158841_17122972.jpg
パフェちゃんママからはパフェちゃんのメッセージ付きの写真・・・


さすがにパフェちゃんの写真は一緒に燃やす事は出来ないので


お写真はお返ししましたがお気持ちは風太と一緒に・・・。


霊園の方に聞いたらオヤツも少しづつなら・・・


との事で最後まで良く食べてくれたオヤツを300円分封筒へ。


オモチャも一つだけなら・・・OKとの事だったので


良く遊んでくれた手作りの棒のオモチャを持たせました。


そして、朝二人でそれぞれ書いた手紙と頂いた千羽鶴を手元へ・・・。
e0158841_1791547.jpg

皆さんとは泣きながらも風太の事をお話し出来て


私にまで暖かい励ましの言葉をいただいて


急な事にもかかわらず風太に会いに来てくれて


本当に感謝の気持ちで一杯になりました。


そして風太に会いに来てくれただけでもうれしかったのに


家を出る出発の際にもう一度見送りに来て下さるとの事で


本当にそのお気持ちが、嬉しくて嬉しくて・・・。






皆さんと一旦お別れして、出発までの間・・・


20分ほど、風太と二人きりの時間がありました。


たくさん、おでこの辺りをモフモフしたり・・・


お手手も握って、尻尾も握って、あちこち撫でて・・・


いつもなら嫌がって、手で『バシッ!』って叩かれたなぁ~


なんて事も思い出しながら過ごしました。


そこで、ふと・・・あっ朝からごはんあげて無い~と気づき


慌ててごはんの用意・・・風太に何度もあやまりました。


そんなこんなで時間はあっという間に過ぎ・・・


いよいよ風太の出発の時間。


ショパンくんママとグエルくん&アンちゃんママとお姉さん。


グエルくん&アンちゃん親子とショパンくんも来てくれました。


ショパンくんママから松ぼっくりを手渡され???な私に・・・


『もしかしたら風太くんが散歩でちっちをかけたかもしれないから~』


との事で待っている間に公園で拾って持って来てくれました。


今までで、一番行きたくないお出掛け・・・


でも皆さんに見守られ、見送って頂いて・・・


本当に心が和み、穏やかな気持ちで出発する事が出来ました。


後からショパンくんママから頂いたメールで知りましたが


車が出た後にパフェちゃん一家もお見送りに来て下さり


一緒に車に向かって手を振って下さったそうです。


風太は本当に幸せ者です。





霊園に向かう途中も、やっぱり風太と別れたくない


家に戻りたい・・・という気持ちになりました。


二人だけだったら、もしかしたら戻っていたかもしれません。


でも、霊園にも風太に会いに来て下さる方がいて・・・





話しは前後しますが、


風太ちちも風太の事をラテパパさんにメールで報告。


その後、風太に会いに来て下さるとのお返事が・・・。


それを聞いて嬉しくて嬉しくて・・・


霊園に向かう道のりも心穏やかに行く事が出来ました。




到着すると入り口前の階段に白っぽいワンちゃんが・・・看板犬?


と思って良く見るとラテくんで、またびっくり!


まさか一緒に来てくれるとは思っていなかったので嬉しくて・・・。


テクテクと普通に歩く姿に風太ちちと感動したりして


色白で良く似ているのでラテくんと風太を重ねて見てしまいました。


しばらくして霊園の方と風太ちちが風太を火葬場へ運ぶのを見て・・・


あっ・・・とうとうお別れだ・・・と複雑な心境でしたが


ラテパパさんとラテくんが一緒にいてくれたおかげで


暗い気持ちにならずに済みました。


その後、風太を追いかけるように中へ・・・。


台の上に寝ている風太を見て・・・


一瞬、血の気が引くような感じがしました。


風太にお花を飾ろうとした時に霊園の方が


「わんちゃんも一緒に中へどうぞ~」と言って下さり


ラテパパさんがラテくんを連れて来てくれました。


ラテくんが部屋に入ってきた途端、


部屋の中は明るい雰囲気になり


自然と笑顔になれて花を飾る時も泣かずにできました。


霊園の方に聞いたら食べ物もOKとの事で


途中で買ってきたシュークリームも風太の口元へ置いてあげました。


お手手には手紙も千羽鶴もオヤツも持たせました。


持っていった手作りの棒のオモチャは中が綿だったので


一緒に荼毘に付すことが出来ず残念でしたが


ショパンくんママからもらった松ぼっくりは持たせました。


最期にラテくんも風太に近づきお別れのあいさつをしてくれて・・・


風太は本当に寝ているようで、お顔も笑って見えました。


最期まできれいで可愛くて・・・本当に自慢の息子です。


点火のスイッチが入る間・・・3回鳴るりんの音が耳に響きわたり・・・


目を瞑った瞬間、涙があふれ出てきました。





外に出ると本当にいいお天気で・・・e0158841_181143100.jpg
空気も清々しく感じられました。


荼毘に付す間、待っている部屋の中でも


ラテパパさんとラテくんの話やラテくんの先代犬のミルクくんの話など


たくさんお話しすることが出来てとても楽しくて、


ラテくんが立ったり座ったり、あちこち動いたり・・・


それを見ているだけでとても癒されました。


その上、最近は風太に出来なかった背中ハグ・・・


首のタルタル皮の高速回転や毛に顔を埋めてモフモフ・・・


ラテくんはそうとう迷惑だったと思うけど・・・


久しぶりにすることが出来て、とても嬉しかったです。


そして、その後はリードを持たせてもらい小散歩もさせて頂き


霊園の敷地内にも河津桜が咲いていてとてもきれいでした。
e0158841_1824093.jpg

ラテくんのおかげで待っている時間はあっという間に過ぎました。
e0158841_1827442.jpg




その後、火葬が終わり別の部屋に通されました。


中に入ると大小のトレーの中に風太の遺骨がありました。


奥に進み、調度風太の頭の前の位置になり正面から見ると


『あ~風太だ』とすぐに思えました。


ゴルにしてはちょっと細めな鉢の頭の形。


少し寄り目気味な目の間隔にまん丸お目目。


石を齧って欠けた歯に、ガタガタで不揃いな前歯。


どこから見ても風太そのものでした。


頭から、尻尾の先までしっかりと残り、


あの質素で粗末な食事で、良くこれだけの骨が保てたな・・・


と心の中で思ってしまうほど立派な遺骨でした。


まずは風太ちちと一緒に・・・骨壺へ。


次はラテパパさんと一緒に・・・


次はラテくんと・・・は出来ないので一人づつ・・・。


ここでもラテくんが場を和ませてくれて・・・


最後まで笑いの絶えないお別れができました。







その後、ラテパパさんとラテくんとお別れして・・・


小さくなった風太を抱っこして家に帰りました。


不思議と車内では悲しい気持ちにはなりませんでした。





夜になり、会社の社長と先輩も風太に会いに来て下さって・・・


素敵なお花と風太が好きだったケーキもいただきました。


風太の周りが、よりいっそう華やかに明るくなりました。
e0158841_18422713.jpg





風太が空へ旅立った日は・・・


風太の事を本当に想っていて下さる方達が


風太に会いに来て下さり、一緒の時を過ごして下さり・・・


そして空へ旅立つ風太を一緒に見送って下さいました。


二人だけだったら、辛くて悲しい旅立ちになっていたと思います。


皆さんのおかげで明るく、笑顔で旅立たせる事が出来ました。
e0158841_19543447.jpg

この場をおかりして・・・


本当にありがとうございました。





-
[PR]
by leaf-fuuta-10612 | 2016-03-09 20:04 | 陸の生活 | Comments(6)
2016年3月1日(火)22時50分。


風太マン、空へ・・・。


ずいぶんと遠いところへ行ってしまいました。


14歳と約11ケ月。


我が息子ながら、あっぱれな犬生だったと思います。





本当はもっと一緒にいたいのですが・・・


本日の午後2時に荼毘に付す事になりました。


今日の横浜・・・雲一つない快晴です058.gif


風太、超~晴れ男だったようです。






もう、あとほんの少しの時間・・・


風太とのんびりと過ごしたいと思います。







闘病中には、


風太の事をたくさん応援していただき、


また、ご心配いただき本当にありがとうございました。





前回のブログへの、皆様のコメントに


お返事が出来なくて本当にすみません。


暖かいお言葉をたくさん、たくさん、いただき・・・


親子共々、本当に感謝しています。


本当に、ありがとうございました。










e0158841_17142841.jpg にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

 
[PR]
by leaf-fuuta-10612 | 2016-03-02 09:28 | 陸の生活 | Comments(29)